FC2ブログ

シンクロ黙示録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天保山WPF2009

今年も自分たちの出番は無事終わりました。
企画ものも、自分たちのショーもいろいろあったけど楽しくできました。
ごらんいただいた皆様、ありがとうございました!

今年は何かと刺激の多い年で。
先輩方の芸を見ていると自分の芸を見る角度が変わってくるんですね。
みなさん、本当にすばらしいパフォーマンス。
すごく気持ちのよい方々です。もっともっと見ていたいなあ。
明日は最終日、仕事が早めに終わりそうなのでファイナルはみにいけそうかな?!
みなさん、明日も天保山で!

あ、そうそう、ひとつご報告。
今回初日の早い時間帯に出させていただいたおかげで
新聞にのったそうです。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/090921/20090921030.html
いいところでとっていただきました!
サンキュー!!

スポンサーサイト

9・11

いまでも忘れはしません。

大学3回生のころ、私がアメリカのジャグリングフェスから帰って2ヶ月たたない9月11日、
私は居酒屋にいました。シンクロと渡辺あきらさんと。

記憶はあやふやですがすっかり気分もよくなったころ一通のメールがあきらさんに届きました。
それはエイプリルフールではないかと思うような内容だったかとおもいます。
若かった私個人は第三次世界大戦が始まるんじゃないかと思ったことを今でも鮮明に覚えていますね。

すぐに私の住んでいた部屋にみんなで帰ってテレビにかじりつきです。
正直CGじゃないかという世界が写し出されていました。
多くの人がそのシーンは心に残っているのではないでしょうか。



そして昨日、ちょうどワールドトレードセンターを題材にしたアメリカの映画を見ました。



私も自分の世界観を構築する上でできる限り自分本位の目線ではいけないと
強く思ってきたつもりでしたが、より意識せねばならないと感じられた。
難しいですね、これって。

誰だって無意識に自分本位なんですよ。
そりゃそうでしょう。
自分の意識は自分だけのものだから気づけばそうなっていて。

それでも自分に問いかけ、戒めることで少しはかわるのじゃないかと思います。
この映画を見てそんなことを考えた夜でした。
アメリカとしてはあれでいいのかなあ。

九月です

昨日は天保山でのパフォーマンス、なんとか三回やりきりました。
三回目は時間的にぎりぎりでした。
もう暗くなるのがずいぶん早いですね、九月です。

大道芸にもいい季節っていうのがありまして
やはり暑くもなく寒くもない春と秋、この時期は安定していて基本的にいいんですね。

難しいのは暑さのぶり返してきた9月とか、寒くなりだした12月頭など
季節の変わり目の服装の考えにくい時期とか。

昨日は暑かった!
もう汗だくです・・・汁だくです!!
あれだけだしたらラガァスウェット販売できますね。

日中は日差しが強く影ができるまでショーはできないし
夕方は陽がおちるのが早まっていて実際にショーができるのは五時間ちょっと。
外にいると季節の変化を肌で感じますね。

ちょっと暑さは戻してきているけど秋はもうすぐそこ。
新しいショーに向けてまた少しずつ練習開始だな。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。