シンクロ黙示録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャグリングスタジオ デビュー レンタル利用について

シンクロニシティが管理している「ジャグリングスタジオ デビュー」では個人・団体でのスタジオ利用が可能です。


スタジオデビューはシンクロニシティが運営するジャグリング専門のスタジオです。
365日24時間利用可能、冷暖房完備、ジャグリング道具の貸し出し、エアリアルも可能!
パフォーマーのための最高の練習環境です。
(スタジオ内の様子はジャグリング教室ブログ内の動画を御覧ください)

設備案内
床面積 約64㎡(8m x 8m) リノリウム張り
天井高 最大4.5m
冷暖房 完備
駐車場 3台

その他 32インチモニター、DVDプレーヤー、ジャグリング関係のDVD、鏡、扇風機、三脚、テーブル、椅子、冷蔵庫など


利用条件については以下のとおり。(2016年3月10日現在)

営利目的でない場合、利用人数や土日祝日時間帯に関係なく、スタジオ全体を1500円/時間で占有利用できます。
一度現地説明を行い、条件が合えば管理者に申請することで予約可能です。
サークル活動や数人での定期練習、舞台稽古などに、
スタジオが空いている時間帯であれば、365日24時間利用可能です。
定期利用頂ける場合は利用条件に応じて割引も検討いたします。

また、より経済的に個人利用される場合、月会員システムが有ります。
(占有利用とはならず、最大4人まで同時に使用することがありえます)
現地説明・面談の上、条件が合えば利用区分(料金)を決めて頂き、
利用区分に応じたポイントを発行します。
またそのポイントを用いて専用WEBサイトにて各自で予約可能です。
スタジオの空いている時間帯であれば、365日24時間利用可能です。
予約は30分単位となり、平日9:00~21:00は50ポイント/30分、土日祝全時間帯と平日の21:00~9:00は25ポイント/30分です。

利用区分には
1000ポイント 6500円  (平日9:00~21:00のみなら10時間まで 土日祝全時間帯と平日の21:00~9:00のみなら20時間まで)
2000ポイント 12000円  (平日9:00~21:00のみなら20時間まで 土日祝全時間帯と平日の21:00~9:00のみなら40時間まで)
4000ポイント 20000円  (平日9:00~21:00のみなら40時間まで 土日祝全時間帯と平日の21:00~9:00のみなら80時間まで)
などがあります。(月をまたいでのポイント持ち越しは出来ません)
それ以上の区分やよりお得な年会員システムも有りますのでご相談ください。

またスタジオを使って有料のレッスンやワークショップをご希望の場合、
企画内容に応じてスタジオ利用料を検討させていただきます。

その他利用に関する質問などはまずはお気軽に下記までご連絡ください。

連絡先
info@jugglersynchro.com
ジャグリングスタジオ デビュー担当:末吉
スポンサーサイト

許可を得られていない場所で大道芸を行うということについて

先日我々の掲示板上で頂いた、私ラガーが許可を得られていない場所で芸をする方を批判するのはなぜですか?
というご質問について私なりの見解を述べたいと思います。
(前提としてお伝えさせていただきますが、私はそういった行為を全否定しているわけでは無いです。
 ただ2015年2月現在の私なりの考えとしてご理解いただければと思い、長くなりますが記します)

まず、私は日本という法治国家に生まれ育ち(それが完璧ではないにしろ)、
みんなで決めたルールであるならば出来る限りそれを遵守する形で生きていこうと考えています。
それは個人的には意に反するルールであったとしても基本的な姿勢は同じです。

何故ならばルールを守らないことで他人に迷惑をかけたり、
他人より不当に利益を得ることは社会全体にとって良くないのではないか、と考えるからです。

自らの所有する土地以外でいわゆる大道芸を行うためには、まず誰の許可が必要でしょうか。
私有地であればその所有者でしょうし、公の土地であれば管理責任者は行政でしょうか。
私有地で勝手な行為を行えばもちろん注意を受けるでしょうし、
それでも聞きいれなければ警察に通報される事でしょう。
それが何故なのかはここでは割愛します。

公の土地(路上や公園など)では主に行政が管理しており、
利用者全体にとって利用しやすいように、様々な観点から数々の規制がかかっています。

音量の問題や、人の導線確保などの安全面、その場所で金銭の授受を伴う行為を行うことが広く認められるのか、
など公の場所に関しては一つを認めるとその他の場所ではなぜダメなのか、
という形でその行政地区全体に影響があるため
他に私も知らない観点から慎重に規制がなされていることでしょう。
そういった場所で個人が「無許可」で勝手に大道芸を行うことが、社会的に広く認められるか、という話になるかと思います。

それくらいいいじゃないか、そういった声が聞こえてきそうですが、
それくらい、は歯止めの効かない感覚です。
手続きを経て場所を借りて、地代を払って商売をしている人がいる中、
許可を得ようともせず、自らが利益を得ることを目的にパフォーマンスしているのであれば
不当に利益を得ているのでは、と私は解釈します。
音量やパフォーマンスによって出来た人だかりが通行人にとって迷惑になることもあるでしょう。
場合によっては警察に通報する人も出てきます。
私はそういう事例も多々知っていますが、それはパフォーマンス界にとって望ましくないと思います。
私有地でも公の土地でもまずは許可を得ようとする、もしくは協力者を探すことから始めるべきであると考えます。

ここ10数年で行政にもストリートパフォーマンスへの理解が一定進み、
ストリートパフォーマンスの制度もずいぶん進んできていると感じます。
当初は借りられなかった場所に関しても数年単位の活動結果から
「パフォーマーは定められたルールを守る」という信頼を得らえたことで、
行政なども徐々に協力的になっているというのが私が大道芸に関わり始めてから(2002年頃から)記憶する大阪の現状です。
このように公に認められてパフォーマンスができるようになるまでには、非常に長い時間がかかっています。
昔からパフォーマンスに関わる人達がみんなで努力して作り上げてきたものです。

そういった現状で、行政が協力する制度の中で活動するパフォーマーが、
無許可の場所で大道芸を行い、警察に通報されても懲りずに同じことをする、
というのでは行政からの信頼は損なわれ、協力は得られにくくなるでしょう。
(実際に行政の担当者からもそういうお話を伺ったことはあります)
つまりそういう行為をすることは周りのパフォーマーにも迷惑をかける事になる可能性も高いということです。
私はそういった活動に関しては確かに批判的なスタンスでいます。
ですが、他者の活動に私個人が何か直接的に関与できる権利はありません。

ここで私の結論は、
「許可を得られていない場所で大道芸を行うのならば、
 せめて他のパフォーマーには極力迷惑のかからない形を探してやってほしいな」、ということです。
(もちろん、本人の中では迷惑がかからないと思っていても思わぬ形で
 他者に迷惑をかけることはありますのでそういったことは慎重に考えて欲しいですが)
少なくとも一方では行政に協力を求めながら、一方では自己都合で行政に反する活動をする、というのでは
いささか自分勝手ではないかと考えます。

ただ日本でも全ての正式な手続きは経ていなくとも、近隣住民などにも受け入れられ、
商店主らともめたり警察に通報されることもなく、
ストリートパフォーマンスが定着しているところもあると聞いたことがあります。
迷惑だと感じられることなく、地域に根ざしたパフォーマンスであれば
続けていくことで問題化することも少ないでしょうし、
それを軸にゆくゆくは公に認められる形になれる可能性もあると思いますので
しっかり運営していってほしいなと思います。

また上記はあくまで2015年2月18日現在の考え方であり、以前は今とは異なる考え方をしていたこともありますし、
またこれからも変わっていくこともあるかとは思っています。

学ぶこと

いい季節になってきましたね。
大道芸も気持ちよくできますし、練習も順調にはかどります。

で、ですね。
話は突然かわりますよ。
我々はジャグリング教室というのを月に2回行っています。
最近生徒さんの成長著しく、とてもわくわくしながら見ているのです。
少しずつでも人が成長していくって本当に楽しいですよね、向上心の強い人はなおさらです。

そこで先日、わたしの練習中の技について生徒さん(中学生)に見てもらって
何か意見がないかきいてみたんです。
もしかしたらそれを考えることで彼が何かを得るかもしれないと思いながら。

するとそれを横でみていたお父さんがふと発した一言が、非常にためになるものでした。
もしかするとわたしのもっとも弱かった点なのかもしれないその一点を
的確についていただけたのです。
もっともその一言の重要性に本当に気づくことができたのは数日たって、今日なんですが・・・。

う~ん、同じ分野の人に見てもらうだけではなく幅広く人からアドバイスをもらうことは
非常に意味があるのではないか。
特に他分野でも何かを深く追求した人の意見って、ときにすっと自分の中に入ってきます。
今回は自分ではまったく違う点が問題ではないかと思っていたので
心底はっとさせられた次第です。


一番の問題はできているつもりでまったくできていなかった基本的なこと、でした。
そういうことって結構あるんだろうな、
教えているつもりですがこちらが本当に勉強になります。


おかげで今日はとてもいい一日になりました。
今年の目標、達成できるかなぁ。


デビュー 東京公演について

去る11月26日、東京で関西若手4組とダメじゃん小出さんによる舞台、
「デビュー」が行われました。

ご来場いただいた皆様、そしていろいろとサポートしていただいた皆様、
共演いただいた皆様、本当にありがとうございました。

私はといいますと不覚にも当日朝発熱してしまい、時期的にも念のため病院で検査をしてもらうと
「残念ながらA型インフルエンザです」との宣告がなされてしまいました。

メンバーにうつすわけにも、お客様にうつすわけにもいかず、
プロデューサーと出演者のみなにメールで事実を伝えわたしはホテル待機、
相談の結果当日私の出演が取りやめになりました。
当日、もしもシンクロを、わたしを見に来てくださった方がいたとしたら本当に申し訳ないです。
わたしの油断が招いた事態です。すみません。


当日朝、遠くから激励のメールをくれていた後輩や仲間もいたのになんといっていいか・・・


立つはずだった舞台の姿だけでも見ておかないと後悔すると思い
(当日初めて舞台を見ることになっていたので)
タクシーで出向いていって数分間だけ舞台の空気を吸い、楽屋の匂いをかぎました。

帰りは歩きました。
距離にして600mほどでした。
歩きながら出演することができないということへの実感が改めてわいてきました。

あとは一緒に舞台を作ってきたメンバーを、相方を信じてわたしはホテルから祈るのみ。
観る事も叶いませんでしたがきっとやってくれたのだろうと思います。
落ち着いたらこっそり一人でビデオを見せてもらうつもりです。

翌日観るはずだった舞台もすべてキャンセルし、朝一で京都に戻りました。


数ヶ月前、この日記で「自分本位ではいけないと強く意識しなければならない」、
と書いていたのですが今回はまだまだそうはいかない自分に気づかされました。

いろいろご迷惑おかけしましたがすこしは勉強できたかなと思います。
世の中、理不尽だなと思うことも多々あるもんだともおもいました。
一方で改めて人の優しさにも触れた気がします。

かならずや、舞い戻ります。
またいつの日か東京にて!

舞台から一夜あけ…

朝の新幹線、多目的室にて京都へ(T_T)

ああ…本当に悔しいなぁ、申し訳ないなぁ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。